読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひび写真とのお付き合い m2photoCLUB’s diary

こんな場所、あんな場所で素敵な日々の写真を撮影。気取らない写真とのお付き合いブログです。

フォトグラファーになる、広告写真第二歩目

僕が写真を何となくしていた頃(第1話はこちら↓)から、真面目に考えるようになり、ルールを無視(写真のセオリー)する事が出来るまでにはかなり時間が必要でした。広告カメラマン(コマーシャルフォトグラファー)、みんなと同じでは覚えていただけませんし、すぐに埋もれてしまします。

m2photoclub.hatenablog.com

努力でプロフォトグラファーになれるならやろうと決めてH氏や他の方々のアドバイスを守り数年が経っていました。(僕の結婚は29歳まだ助手時代)撮影した写真で失敗をなんども経験し心もボロボロの頃素敵なデザイナーにお会いしました。フォトグラファー自由に撮ればいい。

 

そんなセオリーを無視した写真を使ってくれました。自信は売り上げ(デビューした26〜27から毎年倍額)で何とか気持ちを維持していました。5年目で売り上げ1,000万円。一人雇えると感じました。2人なら1,500~2,000なのかなと考えました。しかし自分の写真で自信が持てる写真=代表作が全くなかった。

 

f:id:m2photoCLUB:20170226212354j:plain

河内國平さんという刀鍛冶に、ミニコミ誌の編集、印刷などをしていた専務がこえをかけて頂き、撮影をしたことが大きいと思っています。1999年もう18年も河内親方を撮影しているのですがこの出会いで写真に自信が持てました。

 

2度目の個展、写真集

www.mugenkan.com

のサイト運営など河内親方との出会いが僕にとっての大きな2度目の転機です。1度目は、Fという企業で4歳年上だったYさん(前記)

 

f:id:m2photoCLUB:20170226214352j:plain

親方の写真を撮る頃には新しいスタッフも増え3人体制で売り上げも始めた頃の3倍に到達。社名も2000年に今の株式会社エムツーフォト

 

www.m2photo.net

としました。今年で26期(株式会社宮田昌彦写真事務所時代含め)今となっては自信から自由。。。出会いに刺激され先輩に助けられ親方に助けられ自分の会社のスタッフに助けられてここまできました。

 

僕の目標は【今を、ここで生きる】

 

※写真業や大阪や大学講師やメーカー講師や作品作りなどの意味です。下記に宣伝しちゃいました。※一部廃盤あり

f:id:m2photoCLUB:20170226220022j:plain

儀ー岸和田旧市だんじり祭り

 

f:id:m2photoCLUB:20170226220153j:plain

www.amazon.co.jp

こんなのもあります↓

グリコのおまけポストカード

 

次回のフォトグラファーになる、広告写真第三歩は目標のたて方を話題にします