ひび写真とのお付き合い m2photoCLUB’s diary

こんな場所、あんな場所で素敵な日々の写真を撮影。気取らない写真とのお付き合いブログです。

フォトジェニックなグランフロント

大阪で都市風景を写すならグランフロントですね。今回は望遠レンズにこだわりました。
僕が使ったレンズは

www.nikon-image.com

です


なぜ望遠?やはり撮影中はあまり恥ずかしいので、えっ?私を撮ってるの?ってる空気感は伝わるのですね
写真①はどんな人がここにきているかを観察してみましょう
絵になるのは小い子ども

f:id:m2photoCLUB:20170316223817j:plain

写真②は幾何学模様にどのように人が歩くのかに注目しました
待たなければいい感じで人が配置できませんよね

f:id:m2photoCLUB:20170316223834j:plain

写真③ どこにどんな人が歩いているかのタイミングが大事です
待つ=心地よいまたは不思議なバランスになるまで待つ。

 ここでコツは望遠レンズです。

www.nikon-image.com

f:id:m2photoCLUB:20170316223900j:plain

写真④タイミング
誰も通っていない場合は、この、陽気な2人の動きのタイミングを図りました。他の人がいるより、2人のステージのようですね。

f:id:m2photoCLUB:20170316223947j:plain

写真⑤ 


視点。子どもの目線の先を意識します。

お母さんを画面に入れないので、寂しそうだったり
不安だったりする写真ができます
答えを1つにしない=ポーズなど、とあいまって写真の写しただけから
イメージを掻き立てる写真となります。


いかがでした?

都市風景の肝(コツ)はこんな感じです


その1
観察

その2
待つ

その3
タイミング


その4
視点の先を見せない

 

 



広告を非表示にする