ひび写真とのお付き合い m2photoCLUB’s diary

こんな場所、あんな場所で素敵な日々の写真を撮影。気取らない写真とのお付き合いブログです。

バラの無い中之島バラ園で可愛い黄色を見つけました。

今、バラ園にはバラは咲いていません。
数日前に全て切り取った様です。次回は秋のバラ。

バラは無くてもBBQをレストランで楽しむ人たちや子どもづれの方々、旅行者

ベンチで本を読む人など色々なスタイルでみなさん公園を楽しんでおられました。

日曜日の今日(6月9日)は中之島中央公会堂付近は歩行者天国でワインのイベント
も行われていました。歩行者天国は街がのんびりした印象になります。

f:id:m2photoCLUB:20190609232347j:plain

中之島バラ園にて

Nikon Z6 Nikkor Z 35 F1.8S  ISO:100 1/1000sec f1,8
その中で、ちょっと不思議な手毬の様な花を見つけました。
花の名前をメモって来ればよかったのですが、うっかり忘れてしまいました。


写真をとる時、人物撮影でも、料理撮影でもお花でも背景の配置にいつも
気を配っています。なるべく花と正面から向き合わず並行した位置や斜めから
奥行きを意識して撮影したいです。

f:id:m2photoCLUB:20190609232539j:plain

中之島バラ園にて

Nikon Z6 Nikkor Z 35 F1.8S  ISO:100 1/1000sec f1,8
少しの事ですが、ピントを合わせるモノとそれ以外の背景のバランスで見え方や
見たときの感じ方が変わると思います。ピントの合わす場所を下部にした写真

f:id:m2photoCLUB:20190609232826j:plain

中之島バラ園にて

Nikon Z6 Nikkor Z 35 F1.8S  ISO:100 1/1000sec f1,8
こちらは中央付近。ありきたりになりがちのど真ん中ピントですが
背景の黄色の色を斜めに配置して変化がある様にしました。

f:id:m2photoCLUB:20190609233505j:plain

中之島バラ園にて

Nikon Z6 Nikkor Z 35 F1.8S  ISO:100 1/1000sec f1,8

同じ花ですが配置を少し左に寄せています。白く抜けた場所を左上に置きました。

f:id:m2photoCLUB:20190609233538j:plain

中之島バラ園にて

Nikon Z6 Nikkor Z 35 F1.8S  ISO:100 1/1000sec f1,8
こちらはアングルを少し振り下げた分だけ、白い抜けは無くなっています。
全て、撮影データは同じ露出(M)です。ピントは花の前にあるものが2点でした。
風や立ち位置で少し前後しますので、複数撮らないと、バッチリの思うところに
ピンがきた写真は仕上がらないですので、たくさんバリエーションを撮ってください。

Nikon Z6 Nikkor Z 35 F1.8S  のレンズは近距離撮影も撮像面から0.25mですので
マクロとは違う要素での寄り撮影も魅力です。



 

 

 

 

写真の面白みって何だ?

写真の面白みは何だ?
色々考えた先にあるのは、目の前の形(被写体)を
よくよく見つめ、どう置き換えるか。

f:id:m2photoCLUB:20190606224444j:plain

布引滝

難しい話はさておき、①美しいいろ②美しい形③絶妙のタイミング
④写す範囲

f:id:m2photoCLUB:20190606230952j:plain

布引の滝

やはり、青紅葉のシルエットは魅力あります
その紅葉を手前に配置するのも【よし】ですね

f:id:m2photoCLUB:20190606232704j:plain

布引の滝

f:id:m2photoCLUB:20190606232802j:plain

布引の滝

最後の写真は規模を表現しました。
やはり広角レンズは迫力をどう配置するかにかかるようです。
秋には赤の色彩と滝の白が引き立つでしょうね。
冬の凍る滝も写真的ですね。

f:id:m2photoCLUB:20190606233158j:plain

布引の滝

最後は少しテクニックを伝授します。横わざとブラシ。これもありでしょう。秋にお試しください。

上記のデータは

recept.nikon-image.com

に参加の方にお伝えします。今募集中の講座にお越しください



写真って何だろう

写真=フォトグラフ。その意味とは...言葉を検索すると
photograph は photo「光」graph「書かれたもの」が語源で、
「光で描かれたもの」から「写真」を意味します。
(google検索から引用)


写真の魅力は光をどう扱うかと私は感じています。
光と影。影があり光が際立ちます。

 

言い換えれば目で見えるもの(写真に写った被写体)と
その裏にあるのも(表現としての内在するモノ)

写真は写ったものが2次元に置き換わり記録されますが
そこには写った以外のモノも見る側に訴えかけます。

表現としての写真=撮り手(photographer)が表現するモノは
どういう考え方でどう見せるか。

 

こんな話をしているとワクワクしてきます。
今日は写真ファンと長い時間写真の話をしました

刺激を色々な方々の意見から受けます。

f:id:m2photoCLUB:20190530211043j:plain

2019写真月間

自分の写真にコンセプトを書き

www.nikon-image.com

の会場で2019年6月5日(水曜日)
最終日は15:00まで(日曜休館・入場無料)開催中です。

f:id:m2photoCLUB:20190530212511j:plain

unknown self windows

f:id:m2photoCLUB:20190530212806j:plain

unknown self windows



上記以外の4作品出しています。

奈良生駒、聖天さん宝山寺

奈良県生駒にある聖天さんの呼び名で親しまれている宝山寺でロケをしました。聖天さんの大黒天さんをお参りする様になったのは両親の習慣からでした。今までは撮影対象ではなく、お参りする場所でしたが撮影に来ると新たな発見もあります。苔やすぎ木立、小さな花などです。すぎ木立に並ぶお地蔵さんのお顔をゆっくり拝見しながらお参り&撮影を時間をかけ行いました。生駒山頂にある生駒山頂遊園地は本日お休みでした。入場料が無料と書いてありましたので、今度撮影で訪れたいです。

f:id:m2photoCLUB:20190516231457j:plain

生駒聖天さん

ご本堂の脇にあるロウソクやお線香などをいただく場所のご担当。腕を組み鋭い眼光で目配せされていました。しばらく観察していると、下を向き長い間そのままでした。少し陽が左側の艶やかな布に指しているのが気に入っています。(Nikon Z6 24-70mm f4s ISO:125 1/40sec f7.1 70mm)

f:id:m2photoCLUB:20190516231851j:plain

宝山寺、水掛不動

こちらはロウソクを献灯するガラスケース越しに水掛不動を撮影。ピントはお不動さんに合わせました。少し暗めに(露出補正)設定しています。(Z6 24-70mm f4s ISO:400 1/100sec f4.5 )

f:id:m2photoCLUB:20190516232005j:plain

宝山寺

多くのお地蔵さんのどちらにピントを合わせるのかでその写真のセンスが上がります(Nikon Z6 85mm f1.4G ISO:800  1/2500sec f1.4 )

 

AF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gを使いました。やはり魅力あるレンズですね。重さも気になりませんね。

f:id:m2photoCLUB:20190516232128j:plain

聖天さん

主役の配置をシンプルにし、(ピントを合わせるもの)脇役を整理することが表現としては分かり易いと思っています。また別な意味付け(コンセプト)ではその理論は外します。色々な表現を写真を通じて楽しむことが素晴らしいのだと思います。(Nikon Z6 85mm f1.4G ISO:125 1/160sec f5.6)

大阪国際空港周辺での撮影スポットを検証しました

飛行機を撮影する技術はいい機材が必要ですが
どんな絵を撮るのかで、機材も変わります。
色々なコンセプトでそのイメージを考え場所
を選ぶ楽しみがあります。

f:id:m2photoCLUB:20190507005732j:plain

大阪国際空港周辺

こちらは阪神高速付近の商業施設屋上のパーキングエリアから撮影

Nikon D810 105mm f:1/2.8  ISO:2000 1/200sec f5.6(トリミングあり)

 

f:id:m2photoCLUB:20190507005820j:plain

エアフロントオアシス下河原

Nikon D810 400mm f:1/2.8  ISO:400 1/640sec f5.6(ノートリ)

f:id:m2photoCLUB:20190507005921j:plain

エアフロントオアシス下河原

Nikon D810 400mm f:1/2.8  ISO:200 1/640sec f6.3(ノートリ)

f:id:m2photoCLUB:20190507010007j:plain

大阪国際空港周辺

Nikon D810 105mm f:1/2.8  ISO:100 1/800sec f5.6 (トリミングあり)
千里川から撮影

f:id:m2photoCLUB:20190507010044j:plain

大阪国際空港周辺

Nikon D810 400mm f:1/2.8  ISO:100 1/800sec f5.6(ノートリ)

 

空港付近から撮影。行き交う車とのバランスが難しいです。

f:id:m2photoCLUB:20190507010120j:plain

千里川

Nikon D810 105mm f:1/2.8  ISO:2000 1/200sec f5.6

胴体に反射するネオンが綺麗ですね。(ノートリ)

大阪国際空港周辺で写真撮影

桜の頃〜藤が咲くGW
大阪国際空港周辺で飛行機の撮影をしました。
夜景は

m2photo.net

こちらにアップしました。

f:id:m2photoCLUB:20190501081508j:plain

桜の宮で伊丹大阪国際空港に向け高度を下げランディングする

f:id:m2photoCLUB:20190501082328j:plain

淀川にて

阪急千里線柴島駅下車し、南に1Kmほどの河原手前の土手から見た風景

f:id:m2photoCLUB:20190501082357j:plain

淀川にて

陸橋を渡り対岸は梅田・中津周辺が見えます。

f:id:m2photoCLUB:20190501082425j:plain

淀川にて

阪急電車の通るタイミングと飛行機が交差するのは、滅多に無いことなんでしょうね

 

f:id:m2photoCLUB:20190501091853j:plain

淀川にて

この日は適度に雲があり、機影が青空の中と雲の中と、印象が変わります。
飛行機に広角レンズで撮影する(ピントを合わせる)ことは容易ですが

画面のどこに配置するかで雰囲気はかわります。

 

大阪国際空港周辺では、400mmや500mmといった望遠レンズを使いましたが
天候、機種、フレーミング、露出、シャッタータイミングなど、総合的にうまく
写すことが非常に難しいと感じました。

同じ場所になんども通っている航空機撮影ファンが沢山いるのもうなずける
気がしました。




京都 2019 桜 そこにあるもの...

2019.04.11春の陽気から一転、肌寒い風が吹く一日でしたが
素敵な町を散歩しました。

北野白梅町の近くそれは京福電鉄等持院駅の周辺

f:id:m2photoCLUB:20190411230020j:plain

等持院付近

京福電鉄北野線の線路際には沢山桜があります。
有名なのは桜のトンネル。

こちらは等持院から学校の敷地にある桜並木。
その脇を通り、嵐電が走る素朴な風景を見つけました。

f:id:m2photoCLUB:20190411230125j:plain

龍安寺付近

今日は、色々な方がお掃除していました。お掃除日和なのでしょうか...
猫が何びきも(人に慣れていた)いる事に少し町に余裕があるのかなと
思いました。

f:id:m2photoCLUB:20190411230230j:plain

常盤付近

どこ行くの?みなさん、何かある?買ってよ美味しいんだから。
そう言われたら、買っちゃいますよね。
写真撮っていい?との言葉に、壊れるわよ、カメラが。
と言いつつ素敵な笑顔を見せてくれました。

2時間、ゆるゆる町をロケハン。今度は、じっくり訪れたいですね。

今回のカメラはNikon Z6 ミラーレスカメラです
   

気に入っている点は、コンパクト。高画質。ピントシステムの選択肢の
豊富さ。
シャッター音の静かさですね。町歩きの中で、誰かにカメラを向けても
一眼レフほど威圧感がないので、気楽に声をかけれます。
(僕は一眼レフにバッテリーパックを装着するので威圧感が結構あります)

このNikon Zシリーズを貸し出し、使い方やレンズの紹介をする

recept.nikon-image.com

僕の講座があります。(すみません何度も宣伝して...)

お時間ご都合よければご参加くださいませ!