ひび写真とのお付き合い m2photoCLUB’s diary

こんな場所、あんな場所で素敵な日々の写真を撮影。気取らない写真とのお付き合いブログです。

京都Noriki スタジオでライブ撮影 

f:id:m2photoCLUB:20200209191520j:plain

まきおと組みのライブ撮影を行いました。
音が聞こえてくる様な写真。画面構成などいいタイミングで写すことを
狙います。

( Nikon Z6 24-70mmf4 K:8400 ISO:16001/60sec f5.6 26mm付近)

f:id:m2photoCLUB:20200209193322j:plain

(Nikon D810 85mmf1.4 K:8400 ISO:100 1/6sec f4 )

今回は少し電球色にホワイトバランスをKで設定。調整して赤味(8400K~6900K)を足しています。

こちらはISO:100,シャッター速度をスローに設定しました。

ブレる事を狙うのも写真の独特な表現です。

f:id:m2photoCLUB:20200209195133j:plain

カメラブレをしています。左右に少し動かし気味でシャッターを
押しています。ギターのネックの方向に合わせてカメラ自体を
動かしました。

(Nikon D810 85mmf1.4 K:8400 ISO:100 1/10sec f4 )

 

f:id:m2photoCLUB:20200209194403j:plain

画面の中にどれだけの要素を入れるのかを考えながら
カメラ位置を決めます。分厚く重なるとより圧迫感が
得られます。

(Nikon D810 85mmf1.4 K:8400 ISO:1600 1/500sec f4 )

f:id:m2photoCLUB:20200209194753j:plain

(Nikon Z6 24-70mmf4 K:6900 ISO:16001/60sec f5.0 70mm)

 

 

2019.11.28談山神社の秋はピークでした。

談山神社は奈良の桜井からバスで30分。山深い紅葉は快く迎えてくれました。雨のおかげでしっとりとした撮影ができました。写真を比べてみましょう。

f:id:m2photoCLUB:20191128232156j:plain

談山神社

f:id:m2photoCLUB:20191128231852j:plain

談山神社

f:id:m2photoCLUB:20191128232043j:plain

談山神社

三枚の写真は同じ場所から(立ち位置)から撮影しています。ポイントはこちら

f:id:m2photoCLUB:20191128232257j:plain

 

f:id:m2photoCLUB:20191128232330j:plain

f:id:m2photoCLUB:20191128232408j:plain

1枚目の写真は上部の右側赤の囲みに空の白が写っています。

2枚目は左側の紅葉が写っています。下部に白い看板などが複数写っています。

3枚目は、左の赤い紅葉を排除。白い看板やその他の白色を極力排除。さらにお堂の写る範囲を大きしています。

いろいろなことが分かります。ではどの写真が良いのか。それは三枚目です。お堂のインパクトが主役。いろいろな要素を排除してシンプルにすることでよりカッコよく仕上がりました。目があちこちに分散しないという写真です。シンプルで力強いお堂も大きく写りさらに左屋根の端が伸びやかに強調され緊迫感がでています。(私の談山神社の良い感んじの一枚ですね)

f:id:m2photoCLUB:20191128233919j:plain

談山神社イチョウの美しい形

今回のレンズはZ35mm1:1.8ボディはZ6でした。

 

 

 

 

 

2019.11.14奈良県吉野の山里の秋


奈良県吉野と言えば、春の千本桜で有名ですね。秋紅葉の時期、京都に比べると観光客も少なく落ち着いて写真ファンには撮影が楽しめます。初秋の秋。どんな切り口で紅葉を撮影したか報告します。

近鉄電車に乗り吉野駅につけば七曲を徒歩で登るも良し、ケーブル(運行時期が限定されています)で上がるも良し。目指すは吉野山駅(ケーブル山頂駅)になります。ケーブルを降りると右手に金峯山寺左手に下千本のビューポイントがあります。今回はまず下千本の風景を写しました。

f:id:m2photoCLUB:20191114234237j:plain

吉野の秋

赤い橋のすぐ右手に無料の休憩所があります。額縁の構図を試せる場所ですね。さらに西(地図上でお土産花山・山本)に進むとこのような撮影ポイントに出会います。『地図の写真②の芭蕉の歌碑付近』があるこちらは期間限定でライトアップもされています。枝ぶりが素晴らしいグラデーションになっていました。

f:id:m2photoCLUB:20191114234623j:plain

吉野の紅葉

少し見上げたアングルがおすすめです。

f:id:m2photoCLUB:20191114234711j:plain

吉野の紅葉

紅葉具合は木によって違いますが、写真仲間の評価は5割かなという印象でした。

f:id:m2photoCLUB:20191114234830j:plain

吉野の紅葉下千本を望む

曇りの天気のためなるべく空の部分(曇っている場合空のスペースが白く写りますので避けたいですね)↑を控えめに。無くした写真は↓こちら。『地図の写真②や写真①付近』

f:id:m2photoCLUB:20191114235025j:plain

吉野の紅葉下千本を望む

f:id:m2photoCLUB:20191115000250p:plain

吉野の紅葉

f:id:m2photoCLUB:20191115000721j:plain

吉野の秋

七曲り付近には枯れた紫陽花があり、色が残っているものは趣がありますね。

f:id:m2photoCLUB:20191115000828j:plain

吉野の焼き栗

吉野のおみやは柿の葉寿司ですが金峯山寺、黒門横の屋台の焼き栗も魅力です。一袋¥500でした。(購入して撮影していいですか?とお声がけしています)

f:id:m2photoCLUB:20191115001100j:plain

f:id:m2photoCLUB:20191115001220j:plain

今回は35mmの広角単焦点レンズで全て撮影。アップは浅い絞りを活用しています。金峯山寺では秋のご開帳時期で色々なイベントがあるようです。金峯山寺

f:id:m2photoCLUB:20191115001303j:plain

の南側を降りると素晴らしい紅葉が目に入ります『地図写真③』瓦の黒、土塀の白、地面の黒、紅葉しない椿などの木々の緑、奥に銀杏の黄色、黄色い紅葉や赤の葉と写真好きにはたまらない風景でした。

他の写真は

www.m2photo.net

で又公開します。
※こちらの投稿を一時期控えていましたが、上記のオフィシャルサイト一本化がもう少し時間がかかるようですので、今回久しぶりに書込みました。

 

 

m2photo.netプログ更新

秋の気配を感じるようにようやくなりましたね。秋本番の少し前それは写真好きにとっては格好のスポットです。人を避けることも可能ですし、ゆったり現場に長時間居ることができます。そんな話題をm2photo.Inc | エムツーフォトのブログで書きました。

ぜひご覧ください。奈良の桜井駅南口の名物パン屋さんの紹介もしています。