読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひび写真とのお付き合い m2photoCLUB’s diary

こんな場所、あんな場所で素敵な日々の写真を撮影。気取らない写真とのお付き合いブログです。

iPhone7で日常スナップ写真、それは写真俳句。

困ったことに、右の鎖骨を先日骨折。カメラが持てない
状況になりました。PCキーボード入力も、おぼつかない
状態です。

予定していた(依頼いただいていた)撮影は弊社スタッフ、
同業友人などにお願いしました。

このブログの文字数は減りますが続けていきたい。
そう考えています。

f:id:m2photoCLUB:20170424075922j:plain

昨日は、素敵な天気でしたね。うちのお隣の屋根が素敵な
赤瓦。ポカッリ浮かんだ雲と青空にマッチして素敵ですね

f:id:m2photoCLUB:20170424080308j:plain

[http://]

友井羊さんの「スープ屋しずくの謎解き朝
ごはん」をコーヒーをいただきながらベランダで読みま
した。人の優しさ、子どもを思う気持ち。子どもが思う
周りに対する気遣い。そんなことを深く考えました。

人は食べたもので出来ている。少し前のコマーシャル
でのコピーライターの素敵な一節を思い出しました。
物語の脇役は細かく表現されたスープの素材や効能
味の雰囲気。

文学、小説はストーリーと奥に潜むコンセプト、そし
て秘めた作家の感性とメッセージ。を読み解くのが楽
しみですね。

写真、視覚でそれを訴えます。ストーリーが被写体な
ら写った被写体の形以外から作家の発言したい、込め
たい本質やメッセージを埋め込みます。

ここには、小説同様に、技術(表現のうまさ)が必要で
すね。

f:id:m2photoCLUB:20170424083256j:plain


当然、写真も同じ。
取り組むテーマはいいし、被写体の扱いもいいが、
物足りない。それは見せる演出に力が出せていない

僕がメーカーの講義でみなさんにお持ちいただく
3枚の写真は、例えるなら俳句。
その実習地で見聞きした事象を、どんな(写真)表
現で自分なりの気持ちを他人に提示するか。

やはり、多少の見せる演出や視点の妙が必要です。
写真俳句。3枚で考える。そんな取り組みも、写真が
どんどん好きになる話題かもしれませんね。

 

2017年4月 見て欲しい写真展のご案内 

f:id:m2photoCLUB:20170423150715j:plain
大阪芸術大学 芸術学部 写真学科 三回生の片山絢 写真展
星夜景 color color twinkle 〜街のホシゾラ〜

www.prolab-create.jp

※場所は富士フォトサロン大阪ではありませんので上記サイトで確認して
ください。

 2017年4月26日(水)10:00~18:00 最終日は15:00まで

同時撮影では困難な都会の夜景と星を彼なりの独自手法で合成
見ごたえのある高画質パノラマ写真です。
教え子でもある、片山くんの個展をぜひ、ご覧ください。

f:id:m2photoCLUB:20170423151319j:plain

f:id:m2photoCLUB:20170423151339j:plain

大阪芸術大学 芸術学部 写真学科学長の織作峰子教授の個展

2017年4月28日(金)〜5月10日(水)10:00〜19:00

fujifilmsquare.jp

フジフイルム スクエア(東京都港区赤坂9-7-3)

講演会もあります。上記サイトをチェックしてみてください。


大阪会場は富士フイルムフォトサロン大阪 
6/16(金)〜6/28(水)

 

 

 

大阪北新地、イタリアンでのお料理撮影

先日、季節ごとにメニュー撮影を依頼いただいている

www.g-crest.co.jp

ジローズジュニアで夏メニュー撮影をしてきました。

季節先取りのメニューなので、シェフは仕入れに苦労する
といつも嘆いておられます。
撮影現場はこんなセットを組みました。

f:id:m2photoCLUB:20170421213558j:plain

 

バックライトをトレペ越しに配置
抑えは天井バウンスにしています。

f:id:m2photoCLUB:20170421220738j:plain

f:id:m2photoCLUB:20170421221133j:plain

f:id:m2photoCLUB:20170421221201j:plain

明日続きは大阪芸大の授業でするので
こちらはこの辺で失礼します。

 

 

スタジオでテーブルトップの撮影 夏向けマフィンは冷やすと美味しい。

阪急うめだ百貨店で人気のマフィンのお店、新メニュー
撮影を行いました。

阪急うめだ本店オリジナルマフィン専門店「マフィンズ」がオープン! | 阪急阪神百貨店・ライフスタイルニュース


f:id:m2photoCLUB:20170419112047j:plain

ご担当の方は夏場、マフィンの商品は売り上げが難しと
の話。夏の新作商品は冷やしてGoodなテイストだそう
です。

撮影は弊社の撮影スペースでテーブルトップセットを組
みました。

もともと入居時に天井や壁の断熱材を入れずに借りまし
たので3.4m近い天井高があります。トップライトを人物
立ちポーズでも入れれますので、重宝しています。



トップライトはトレペ越しのアンブレラライティング。
サイドも同様に設置しています。

f:id:m2photoCLUB:20170419113404j:plain

撮影立ち合いのお客さんが来る前に、マフィンではなく
ダミーの商品でテストをします。

f:id:m2photoCLUB:20170419113500j:plain

途中、サイドのライトはアンブレラからスクープレフ

SUNSTAR STROBO(サンスターストロボ) XHS(スクープ)レフ | 銀一(ginichi)|プロフェッショナル映像機材・撮影用品専門店

に変えました。先にはトレペを巻いています。

f:id:m2photoCLUB:20170419115208j:plain

f:id:m2photoCLUB:20170419115236j:plain

MacBookAirに3.5インチHDDを装着。外部接続した大型
モニターで確認していただき、進めます。

あると便利なものは、綿棒や、竹ヒゴ。テッュペーパー
僕はアクリルケースに入れています。

f:id:m2photoCLUB:20170419115456j:plain

商品が焼き菓子のため背景は住友ベークライト株式会社
の高圧メラミン化粧板 白色、無光沢デコラを使いまし
た。
背景をバック紙で用意すると油分が滲み出て、何度も
同じ場所に商品をおけない場合がありますので、食品
撮影ではデコラを使うことが多いです。

f:id:m2photoCLUB:20170419120220j:plain

小さい商品は白レフ板も自作で小さいものを使用します。
大きなレフ板だと光が周り過ぎてしまいますので要注意
です。


切り抜きの撮影では黒いケント紙で周りの反射を抑える
事が基本です。
今回は夏の商材、背景もイキ(背景も切り抜かず使う)
ため、トップライトは少し後ろいめに設置しました。

新商材が発売になれば、こちらで話題の夏向け商品を紹
介させていただきます。お中元のカタログでは阪急うめだ
店でのオリジナル限定商品として大きく扱われるようで
す。

 

阪急百貨店のお中元カタログは別の制作チームが撮影を
担当しています。

私はマフィンズの立ち上げ時から、メーカーさんからの
依頼で撮影を担当しています。を引き受けています。


今年のホワイトディなどは非常に人気で、猫の手も借り
たいぐらい、メーカーさんは忙しかったと聞きました。
夏新商品もお中元で人気が出ることを祈っています。



それは、自由業と言える。写真の仕事

僕の職業は広告フォトグラファー。会社組織ではある
一人親方同様、自営業です。自由業との表現の方が
合っています。

会社を脱サラした理由の一つに、誰にも指図されない。
という感覚もありました。

毎年浮き沈みがあるから慣れたもんだ。のはずですが、
撮影の仕事が何もないとやはり、余裕がなくなります。

 

では、忙しかった時に出来なかったことをすればいい。
と思うのですが、これが不思議と思いつかない。

ブログはいいですね。この流れを変えてくれます。
思いつくままに、誰にも叱られず、時間を使えるので
書いている間は非常に自由な気分です。


ブログネタを探すのも仕事と位置づけ、楽しんで自由に
書いています。

オリジナルプリントを見る話題。

 

f:id:m2photoCLUB:20170417161513j:plain


僕は写真を見ることも大好きです。


日本は写真(写真作家のオリジナルプリント)を買う
習慣は少ないのですが、一部写真アートギャラリー
では、写真の販売をしています。

 

写真の世界に身を置いているのだからオリジナル
プリントぐらいは所有しておかないと、と思いつ
つ、今まで友人のものはご縁で手に入れています
が、名だたる世界の有名写真家のオリジナルプリ
ントは所有していません。

artgallery-m84.com

 

今日は東京で時間ができたので、5月20日(土)まで開
催中の写真展

10:30~18:30(最終日は17:00)※日曜休館

「ロベール・ドアーノなどのフューマニズム作品」
を見てきました。

 

f:id:m2photoCLUB:20170417160617j:plain

こちらのArt Gallery M84では展示作品の販売も行なって
います。オリジナルプリントの美しさ。素晴らしかった
ですね。

f:id:m2photoCLUB:20170417160635j:plain

案内ハガキにも使われている右下の少女が壁から
からさ半分出して、こちらを見ている写真。パリ
の路地に少女が2人で肩を組んでいる写真。
Robert Doisneau / ロベール・ドアノー
の作品ではなくClaude Batho / クロード・バトー
したが引き
込まれました。

ギャラリーのオーナーがご自身のつてで、ご高齢で、
オリジナルプリントを手放したいという、収集家の
方の以来で今回破格値で販売を請け負っている。と
おっしゃっていました。

高いもので¥280,000程度、最安値は¥53,000でした。
大阪でもArt Galleryで写真の販売をされているとこ
とに何度か足を運び、吸い込まれそうになりました

が、まだまだ。と持重してまいりました。

いつかは、いや、そのうちに僕も写真の世界で生き
ているので、オリジナルプリントの価値を感じ、こ
れだ、という作品に出会えば手に入れたいと思いま
す。

 

それは、自由業と言える。写真の仕事

僕の職業は広告フォトグラファー。会社組織ではある
一人親方同様、自営業です。自由業との表現の方が
合っています。

会社を脱サラした理由の一つに、誰にも指図されない。
という感覚もありました。

毎年浮き沈みがあるから慣れたもんだ。のはずですが、
撮影の仕事が何もないとやはり、余裕がなくなります。

 

では、忙しかった時に出来なかったことをすればいい。
と思うのですが、これが不思議と思いつかない。

ブログはいいですね。この流れを変えてくれます。
思いつくままに、誰にも叱られず、時間を使えるので
書いている間は非常に自由な気分です。


ブログネタを探すのも仕事と位置づけ、楽しんで自由に
書いています。

オリジナルプリントを見る話題。

 

f:id:m2photoCLUB:20170417161513j:plain


僕は写真を見ることも大好きです。


日本は写真(写真作家のオリジナルプリント)を買う
習慣は少ないのですが、一部写真アートギャラリー
では、写真の販売をしています。

 

写真の世界に身を置いているのだからオリジナル
プリントぐらいは所有しておかないと、と思いつ
つ、今まで友人のものはご縁で手に入れています
が、名だたる世界の有名写真家のオリジナルプリ
ントは所有していません。

artgallery-m84.com

 

今日は東京で時間ができたので、5月20日(土)10:30~18:30
(最終日は17:00)※日曜休館写真展「ロベール・ドアーノなど
のフューマニズム作品」を見てきました。

 

f:id:m2photoCLUB:20170417160617j:plain

こちらのArt Gallery M84では展示作品の販売も行なって
います。オリジナルプリントの美しさ。素晴らしかった
ですね。

f:id:m2photoCLUB:20170417160635j:plain

案内ハガキにも使われている右下の少女が壁から
からさ半分出して、こちらを見ている写真。パリ
の路地に少女が2人で肩を組んでいる写真。
Robert Doisneau / ロベール・ドアノー
の作品ではなくClaude Batho / クロード・バトー
したが引き
込まれました。

ギャラリーのオーナーがご自身のつてで、ご高齢で、
オリジナルプリントを手放したいという、収集家の
方の以来で今回破格値で販売を請け負っている。と
おっしゃっていました。

高いもので¥280,000程度、最安値は¥53,000でした。
大阪でもArt Galleryで写真の販売をされているとこ
とに何度か足を運び、吸い込まれそうになりました

が、まだまだ。と持重してまいりました。

いつかは、いや、そのうちに僕も写真の世界で生き
ているので、オリジナルプリントの価値を感じ、こ
れだ、という作品に出会えば手に入れたいと思いま
す。

 

それは、自由業と言える。写真の仕事

僕の職業は広告フォトグラファー。会社組織ではある
一人親方同様、自営業です。自由業との表現の方が
合っています。

会社を脱サラした理由の一つに、誰にも指図されない。
という感覚もありました。

毎年浮き沈みがあるから慣れたもんだ。のはずですが、
撮影の仕事が何もないとやはり、余裕がなくなります。

 

では、忙しかった時に出来なかったことをすればいい。
と思うのですが、これが不思議と思いつかない。

ブログはいいですね。この流れを変えてくれます。
思いつくままに、誰にも叱られず、時間を使えるので
書いている間は非常に自由な気分です。


ブログネタを探すのも仕事と位置づけ、楽しんで自由に
書いています。

オリジナルプリントを見る話題。

 

f:id:m2photoCLUB:20170417161513j:plain


僕は写真を見ることも大好きです。


日本は写真(写真作家のオリジナルプリント)を買う
習慣は少ないのですが、一部写真アートギャラリー
では、写真の販売をしています。

 

写真の世界に身を置いているのだからオリジナル
プリントぐらいは所有しておかないと、と思いつ
つ、今まで友人のものはご縁で手に入れています
が、名だたる世界の有名写真家のオリジナルプリ
ントは所有していません。

artgallery-m84.com

 

今日は東京で時間ができたので、5月20日(土)10:30~18:30
(最終日は17:00)※日曜休館写真展「ロベール・ドアーノなど
のフューマニズム作品」を見てきました。

 

f:id:m2photoCLUB:20170417160617j:plain

こちらのArt Gallery M84では展示作品の販売も行なって
います。オリジナルプリントの美しさ。素晴らしかった
ですね。

f:id:m2photoCLUB:20170417160635j:plain

案内ハガキにも使われている右下の少女が壁から
からさ半分出して、こちらを見ている写真。パリ
の路地に少女が2人で肩を組んでいる写真。
Robert Doisneau / ロベール・ドアノー
の作品ではなくClaude Batho / クロード・バトー
したが引き
込まれました。

ギャラリーのオーナーがご自身のつてで、ご高齢で、
オリジナルプリントを手放したいという、収集家の
方の以来で今回破格値で販売を請け負っている。と
おっしゃっていました。

高いもので¥280,000程度、最安値は¥53,000でした。
大阪でもArt Galleryで写真の販売をされているとこ
とに何度か足を運び、吸い込まれそうになりました

が、まだまだ。と持重してまいりました。

いつかは、いや、そのうちに僕も写真の世界で生き
ているので、オリジナルプリントの価値を感じ、こ
れだ、という作品に出会えば手に入れたいと思いま
す。