読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひび写真とのお付き合い m2photoCLUB’s diary

こんな場所、あんな場所で素敵な日々の写真を撮影。気取らない写真とのお付き合いブログです。

2017うめは咲いたか、桜はまだかいな レンズ特性を活かす梅の写し方講座のご案内

道明寺、道明寺天満宮にうめの咲き具合を見に行きました(2017.02.17)

recept.nikon-image.com

の下見も兼ねています。

f:id:m2photoCLUB:20170217200825j:plain

大河ドラマ真田丸でもロケ地になった、素敵な(広々した)境内に

道明寺天満宮・梅まつり

があります。近鉄南大阪線、の道明寺から徒歩で10程度でしょうか。駅から近いのは嬉しいですね。車の駐車場も広く無料です(参拝客専用)

f:id:m2photoCLUB:20170217201513j:plain

立派な桜の木も沢山あり、うめは見事な梅園がありました。梅園には¥300の入場料が必要ですが、ここの写真は梅園の外にある境内の梅です。

f:id:m2photoCLUB:20170217200949j:plain

満開近くの梅や、まだ咲き始めの梅もあり、3月半ばまでは撮影スポットとして最適ですね。

f:id:m2photoCLUB:20170217201059j:plain

懐かしい猿回しも見れます。撮影はOKでした(お猿さん撮影していいですか?と僕は聞きました。一眼レフをお持ちの方々は思い思いに撮影していましたが、やはりここは紳士であってほしいですね。この一言を写す前に言う)できればショー終わりにカゴが登場しますので、いい写真を撮れた場合は金一封を入れてみてはなおさら紳士淑女ですね。

www.instagram.com

でもみれます。

f:id:m2photoCLUB:20170217201327j:plain

猿回しは梅の時期で不定期だそうですので、上記のサイト(神戸モンキー劇場)のサイトなどで開催時期を確認した方がいいですね。

今回の僕の講座の肝はどのレンズでどの絞りをチョイスするとどんな絵作りができるかの講座(専門講座ですので中級編でしょうか。。。)です。キャンセル待ちのようですがキャンセルが出てる場合もありますの是非申し込んでみてください